海外製おくすり口コミ調査サイト

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。

レボチロキシン口コミ調査結果!!

f:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 クチコミ総数89件

f:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plain

【7歳の愛犬。いつもの元気はどこへ?】
それは、夏の終わりのある日のことでした。
我が家のラブラドール、まことの様子がいつもと違う。

いつも元気いっぱいなのに、何だかだるそう。
一日中ぐったりと部屋の隅で丸まって、じっとしているのです。
「暑い日が続いていたし、夏バテかな?」
と思った私たち家族。

幸いご飯はいつもどおり食べてくれたので、
水分をしっかり摂らせて、しばらく様子を見ることに。


【なかなか元気にならないと思ったら…甲状腺機能低下症なんて!】
ところが、1週間が過ぎてもまことの元気は戻らなかったのです。

そして、私は気がつきました。他にもおかしな症状があることに。
食べる量は変わっていないのに、何だか前より太ったような…。

暑さのせいで体調を崩したと思っていたのに、
よく見るとエアコンの風が当たる涼しい場所を避けている。
つまり、寒気を感じているようなのです。

これ、夏バテじゃない!
あわてて動物病院に連れて行き、下された診断名は
なんと「甲状腺機能低下症」でした。


甲状腺機能低下症は、長く付き合わないといけない病気】
まさか、まことがこんな病気になるなんて…。

甲状腺機能低下症は完治が難しいらしく、
甲状腺ホルモンを補う薬を飲み続けなければいけないんです。

獣医さんと相談し、薬は愛用のサイト「うさパラ」で注文しつつ、
病院で定期的に検査を受けることになりました。

獣医さんから勧められた薬は「レボチロキシン」というもの。
これを1日1回、餌にまぜて摂らせます。
思ったより薬の回数が多くなく、ちょっと安心。

こうして、レボチロキシンを使ったまことの闘病生活が始まったのです。


レボチロキシンのおかげで、まことは今も元気】
レボチロキシンを飲み始めてから、早いもので1年が経ちました。
まことは今も、大切な我が家の一員です。

病気になる前と全く同じようにはいきませんが、
散歩には毎日出かけていますし、
甲状腺機能低下症の症状である脱毛や皮膚の黒ずみはありません。

もちろん体調管理には気を遣っていますが、
まことが毎日を普通に過ごせているのが何より幸せ。

これからも少しでも長くそばにいるために、
レボチロキシンの力を借りて頑張ります!

■口コミは商品画像からご覧にいただけます。

 

 

 ■どんなくすりか調査してみた

 Abdi Ibrahim社のレボチロキシンは、レボチロキシンナトリウムを含有する甲状腺ホルモン製剤です。

不足している甲状腺ホルモンをレボチロキシンで補充することで、新陳代謝を高めます。

レボチロキシンはT4製剤と呼ばれる甲状腺ホルモンで、末梢組織(主に肝臓)において活性型のT3(トリヨードチロニン)に代謝されることにより、全身の臓器において多彩な生理作用を発揮します。甲状腺ホルモンには、成長・発育促進作用、基礎代謝亢進作用、グリコーゲン分解・糖新生促進作用、たんぱく異化促進作用などがあります。

T4製剤であるレボチロキシンは、血中たんぱくとの結合が強く、血中半減期血中濃度が半減するまでの時間)が長く、効果が長持ちする甲状腺ホルモン製剤です。薬効の発現は遅いですが、効果が長く続くため、早く効かせようとご自身の判断で勝手に増量せず、医師の指示した用量を必ずお守りください。

 

■くすりの効果を調べてみた

 粘液水腫、クレチン病、甲状腺機能低下症(原発性及び下垂体性)、甲状腺

※効果には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

■使用方法を調べてみた

 レボチロキシンナトリウムとして通常、成人25~400μg(0.25~4錠)を1日1回経口投与する。
一般に、投与開始量には25~100μg(0.25~1錠)、維持量には100~400μg(1~4錠)を投与することが多い。
なお、年齢、症状により適宜増減する

 

■副作用等さらに詳しい情報は、オオサカ堂さんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」