RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

リグロースラボ M7α口コミ調査結果!!

f:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 クチコミ総数19件

f:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plainf:id:tsm9982:20180628103539p:plain

■口コミは商品画像からご覧にいただけます。

 

 

【親父譲りのM字ハゲ、そしてたどり着いたリグロースラボ】
生え際が上がってきたのを薄々感じてはいたものの、まだ二十後半だしと油断していると、
気が付けばくっきりM字型の生え際に。
さすがにこのまま放っておくと間違いなく親父と同じ悲惨な末路になると、
早々に改善方法を探すことにしました。

自分で調べていくうちに、育毛剤の中にも錠剤などの内服タイプと、
頭皮に直接塗る外用タイプがあり、さらにその中にも発毛を促進するものと、
脱毛を防止するものがあるということがわかりました。

ひとまず自分は、効果が高いと話題の内服タイプの育毛薬を試してみることにしました。
(何となく塗るタイプのものは頭がベタ付きそうな気がしたし、めんどくさそうだったので)

が、しかしこの飲むタイプ、自分の身体には合わなかったようで、
動悸などの副作用が出てしまい、半分も飲まないうちに諦めることに…。

結局、消去法で塗るタイプを選択せざるを得ない状況となり、試してみようと、
成分やコスパなどあれこれ加味して行き着いたのがリグロースラボでした。


【さまざまなタイプから選べて、コスパ良しのリグロースラボというブランド】
このブランドを選んだ理由は、発毛促進タイプ、脱毛抑制タイプの2つのカテゴリに分かれて、
組み合わせ可能な商品が用意されていて、言ってしまえば商品選択が楽だったのと、
リアップなどの有名商品と同成分なのにコスパが良く、長く続ける上で経済的負担が
少なそうだったから。

他にも、外用タイプでよくある副作用の「かゆみ」を抑えるため、
その原因となるプロピレングリコール(PG)を使用せず、
頭皮に配慮した作りとなっているという点も好感が持てました。

なんせ飲むタイプと違って塗るタイプは直接気になる患部に塗るわけですから、
炎症が起こって余計にハゲたりでもしたら大変ですから。

また、リグロースラボは上記に加えていずれの商品も、
「リポソーム技術」を採用しているとのことです。
簡単に言うと、この技術によって頭皮の奥まで有効成分が浸透し、
効果を最大限、かつ持続的に引き出してくれるのだとか。


【使い心地◎ 産毛発毛でモチベーションもアップ】
ひとまず自分はリアップと同成分「ミノキシジル」を5%配合した、
発毛促進タイプの「5M」と、脱毛抑制成分「スピロノラクトン」を配合した、
「SP2」を合わせて購入。

現在朝と夜、二度ほど生え際に塗ってマッサージするようにしています。
使い心地としては気になっていたベタ付きも特になく、また、赤くなったり、
かぶれて痒くなるといった副作用も起きませんでした。

まだ使いだしてふた月ほどですが、最近、気になっていた生え際に、
前はなかった産毛が現れはじめ、前に撮っておいた写真と比べて、
鏡の前で一人感動していました。

この調子で続ければおそらく、額のM字のカーブも早々に元の緩やかな状態に戻るのではと、
モチベーションも上がり、さぼらず続けられそうです。

他のメーカーのものについては詳しくはないのですが、
自分のような育毛初心者にとっては使いやすく、わかりやすかった上に、
他のものと比べてコスパも良かったので、個人的にはこのブランドは当たりだと思います。

 ■どんなくすりか調査してみた

 髪・頭皮のメカニズムを紐解き、毛髪にまつわる悩みを解決するRegrowth Labs(リグロースラボ)から、ミノキシジル7%の育毛剤が登場です。

M7αは、リアップX5プラスと同じ有効成分のミノキシジルを7%含有した育毛剤です。ミノキシジル以外にも、アゼライン酸やトリペプチド-1銅、Trichogen™ブレンドが髪の成長を後押しします。痒みの原因となるプロピレングリコール(PG)を使用していないので、頭皮へやさしい処方となっています。

ミノキシジル 7%
日本で唯一、壮年性脱毛症への発毛効果が認められている成分です。既に始まってしまった脱毛の進行を予防するだけでなく、発毛の効果もあります。毛細血管を拡張させ、頭皮の血行を促すとともに、毛母細胞へ直接働きかけることで、毛周期における成長期を延長させます。

アゼライン酸
毛根中の毛乳頭細胞にある5-α還元酵素の働きを阻害し、男性ホルモンであるテストステロンが、脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)へと変化するのを抑制し、髪の毛が薄くなるのを防ぎます。

トリペプチド-1銅
頭皮に弾力を取りもどす働きのある銅ペプチドが、傷ついたタンパク質を修復したり、ヘアサイクルの成長期を延長させたりします。

Trichogen™
細胞代謝を刺激しながら、髪質を強化して、毛髪の表面を修復します。ケラチンへの吸着性が良好で、持続性があります。特に後頭部で有用な育毛ブレンドです。

Regrowth Labsについて

育毛は、自信につながります。
どの角度から見ても、スタイリッシュであるために。
Regrowth Labsは、「なりたい自分」を応援する、アメリカ発の育毛ブランドです。

【安心の品質】
継続が大切な育毛商品だから、品質には妥協できません。Regrowth Labsの商品は全て、米国食品医薬品局(FDA)によるcGMP(製造品質管理基準)を満たした施設にて製造。FDAのcGMPは先進性と厳しさで知られ、この基準のクリアは安心・安全の証です。

【科学的根拠に基づく処方】
使用する主な成分は、ミノキシジル、フィナステリド、デュタステリド、スピロノラクトンの4種類。科学的根拠が確立されており、かつ薄毛治療において過去30年間で最も成果をあげたと言える医薬成分です。ここに、毛髪への作用が注目される非医薬成分を独自に配合。確かな手応えを実現しています。

【リポソーム技術を採用】
リポソームとは、成分を必要な部位へと効率よく運ぶための技術。Regrowth Labsの商品が誇る、高い浸透力と効果の持続力、そして刺激の少なさは、リポソーム技術のおかげです。

髪の悩みは、一人ひとり異なります。だからRegrowth Labsは、成分や濃度別に多彩な商品をラインナップ。年齢・性別を問わず、「自分にぴったり」の育毛を提供します。

 

■くすりの効果を調べてみた

 育毛

 

■使用方法を調べてみた

 1回2プッシュ(1mL)を1日2回、毛が薄くなったり、細くなったりしている部位へ塗布する。
その後、2~4分間、頭皮をマッサージする。

 

■副作用等さらに詳しい情報は、オオサカ堂さんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」