RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

ワイゾロン(プレドニゾロン)口コミ調査結果「ペットのお薬」

 

ワイゾロン(プレドニゾロン)5mg90錠

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

 

 

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 いつもプレドニゾロンには助かっています。何か少し元気がないかなと思ったら直ぐに与えれば即効性が有るので1日、2日で元気になるので助かっています、

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 私の場合今日はは何か変だ様子がおかしいと思ったら直ぐに与えます、Tプーで半錠一日に一度で2~3日で大体良くなっていますが少し気が付くのが遅くなると投与日数はながくなります、がとても扱いやすくて便利で重宝しています。

 結果的にこの 商品を購入した人の94%の人がこの商品をオススメしています。

■何に効くのか調査してみた

 抗炎症作用、免疫抑制作用
呼吸器官、皮膚、胃腸、血液の病気、関節リウマチまで幅広く使用されるステロイド

 

■くすりの効果を調べてみた

 ワイゾロン(プレドニゾロン)は、副腎皮質ホルモン剤です。
水泡症、ヘルペス、皮膚や粘膜の過敏症、剥離性皮膚炎を鎮める効果とともに、結膜炎,角膜炎など慢性的なアレルギー性疾患にも効果を発揮します。
他にも呼吸器疾患、血液疾患、腫瘍性疾患、胃腸、肝臓疾患、神経疾患に使われています。
ワイゾロン(プレドニゾロン)は、リウマチ性疾患、アレルギー性疾患、眼科疾患、胃腸疾患、神経疾患などの治療におすすめです。

 

■使用方法を調べてみた

 ワイゾロン(プレドニゾロン)の使用量は処方により異なります。
抗炎症の場合の使用量:体重1kgあたり0.2mgから0.6mg 1日2回まで。
免疫抑制の場合:体重1kgあたり2~6mg 1日3回まで。
他の病気の場合:体重1kgあたり0.2~6mg  使用期間は症状により異なります。
重大な副作用を起こさないために用法、用量は必ず獣医師の指示に従ってください

 

■使用上の注意を調べてみた

 抗炎症薬はステロイド性と非ステロイド性のものがあります。
ワイゾリンはプレドニゾロンが主成分のステロイド性抗炎症薬の1つです。
もともと体の副腎という臓器では電解質コルチコイド、糖質コルチコイドという2つのホルモンを分泌しています。
中でも糖質コルチコイドは主に糖代謝に関係する作用と強い抗炎症作用を持っているのが特徴です。
炎症が起きた時に細胞膜を構成するリン脂質からアラキドン酸という物質が合成されます。
それが原料となりプロスタグランジン類、トロンボキサン類、ロイコトルエン類の3つが作られます。
この3つの物質をケミカルメディエーターといい、炎症のきっかけとなります。
ステロイド性抗炎症薬は合成または半合成された糖質コルチコイドです。
この3つのケミカルミディエーターの合成を阻害することができるため炎症のきっかけを抑えることで非常に強力の後炎症作用をもちます。
ただし、もともと体の中で作られるホルモンのため使い方によっては体で糖質コルチコイドが分泌されづらくなる危険性があり、副腎に関連したホルモンの病気になってしまうことがあります。
また高用量で用いると免疫力が抑制されてしまうので用量には注意が必要で

 

さらに詳しい口コミ・情報はペットくすりさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 業界最安値調査済み

 

ワイゾロン(プレドニゾロン)5mg90錠