RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

アイチュミューン (アトピー性皮膚炎の薬)口コミ調査結果「ペットのお薬」

 

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

 

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 まだ飲ませたばかりですが、食いつきも良くて皮膚も安定してます‼︎ステロイドの量も徐々に減らして、アイチュミューンで効果でるか見てみる予定です!

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 免疫介在性貧血で、アトピカを処方されていたのですが、毎週の採決とともに金額があまりに高く先生に相談してアイチュミューンに変更しました。おかげで病院は血液検査のみになり、ずいぶん経済的に助かっています。

 結果的にこの 商品を購入した人の96%の人がこの商品をオススメしています。

■何に効くのか調査してみた

 アイチュミューンはアトピカのジェネリック医薬品です。
アトピー性皮膚炎にお悩みのわんちゃん用のソフトカプセルで飲みやすいお薬です。
30カプセル入り。アトピカと比べると半額以下の価格になります。

 

■くすりの効果を調べてみた

 アイチュミューン25mg(30カプセル)は、犬のアトピー性皮膚炎に効果があるお薬です。
有効成分シクロスポリンがかゆみを緩和し、激しい乾癬(カンセン)、腎炎症候群を含む様々な自己免疫疾患に対応しています。
アイチュミューン25mg(30カプセル)は経口で与えてること、食前1時間前もしくは食後2時間後に与えてること、この2点を必ず守ってください。
アトピー性皮膚炎が改善されたら1日おきに使用するようにしてください。
アトピーの兆候が軽減されてきた場合には、 3~4日間おきに与えるようにしてもいいでしょう。
また、使い始めから8週間継続しても効果が無い場合は、使用を中止し、獣医師にご相談ください。
お薬の摂取により、まれに軟便になることがあります。

 

■使用方法を調べてみた

 犬の体重1kgあたり5mgを基準に、犬の体重に合わせて投与します。

 

アイチュミューン25mg 30カプセルは1カプセル25mgになります。

【4kg以上~8kg未満】:25mg
【8kg以上~15kg未満】:50mg
【15kg以上~29kg未満】:100mg
【29kg以上~36kg未満】:150mg
【36kg以上~55kg未満】:200mg
1日に1回上記の体重に合ったお薬を投与します。
経口で、食前1時間前もしくは食後2時間後に与えましょう。
アトピー性皮膚炎が改善されたら1日おきに使用するようにしてください。
アトピーの兆候が軽減されてきた場合には、 3~4日間おきに与えるようにしてもいいでしょう。
また、使い始めから8週間継続しても効果が無い場合は、使用を中止し、獣医師にご相談ください。
※症状により投与量は変わる事がありますので、ご使用前に必ず獣医師にご相談ください。

■使用上の注意を調べてみた

 アイチュミューンは皮膚などの治療で使われるアトピカのジェネリック薬品です。
成分はシクロスポリンです。
シクロスポリンは1970年に真菌が産生する環状ポリペプチド抗生物質の一つで11個のアミノ酸からなります。
カルシウムニューリンの脱リン酸化酵素活性阻害を介して免疫細胞であるT細胞の活性化を抑制しするカルシニューリン阻害薬に属しています。
シクロスポリンは免疫抑制作用があるので炎症を抑える効果があります。人間でも免疫抑制剤として使用されています。
動物ではアレルギー性皮膚炎などで使用することが多く、それ以外では自己免疫疾患や眼科で使用こともあります。
プレドニゾロンなどのステロイド薬を必要とする疾患ではステロイドの高用量での使用や長期的な使用で副作用が強く出てしまうことがあります。
そのためシクロスポリンはステロイドを減らす目的で用いることが多いです。
しかし短期間で効果がみられるステロイドに対してシクロスポリンは効果がみられるまで時間がかかります。
投薬後2週間から4週間を目安に症状の改善が期待できます。
そのため単独で使用するよりもプレドニゾロンなど他のお薬との併用でより早く効果を確認することができます。

 

さらに詳しい口コミ・情報はペットくすりさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 業界最安値調査済み