RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

フェミロンの口コミ調査結果

 

フェミロン

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

残念ながらまだ、口コミがありません。

 

 

■くすりの特徴を調査してみた

 フェミロンは、マーシロンと同じ有効成分を含有する、オランダの製薬会社オルガノン社が販売する1相性第3.5世代の経口避妊薬(超低用量ピル)です。
避妊以外にも、生理痛の緩和、生理不順の改善、ホルモンバランスを整える作用があり、子宮内膜症や卵巣ガン、子宮体ガンなどの発生リスクを低減する働きがあります。

 

■くすりの効果を調べてみた

 

フェミロン(マーシロンジェネリックは、卵胞ホルモン(エストラジオール)と黄体ホルモン(デソゲストレイル)を有効成分として含有する、第3.5世代の低用量ピルです。

配合成分は、日本で認可されている低用量ピルのマーベロンと同じですが、卵胞ホルモン(エストラジオール)の配合量がマーベロン0.03mgに対して、フェミロン(マーシロンジェネリック)では、副作用の低減の為に、0.02mgと配合量が少量なため、小柄な日本人向きのお薬です。
その為、吐き気、胸の張り・痛み、血栓症などの副作用が軽減されています。避妊以外にも、生理痛の緩和、生理不順の改善、ホルモンバランスを整える作用があり、子宮内膜症や卵巣ガン、子宮体ガンなどの発生リスクを低減する働きがあります。

避妊の作用メカニズムは、有効成分の卵胞ホルモン(エストラジオール)と黄体ホルモン(デソゲストレイル)が、脳の下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)の分泌を抑えるため、卵巣でのホルモン分泌が抑制されるため、排卵を止め、子宮内膜の肥厚を防ぐことにより着床環境の形成をブロックします。更に子宮頚管粘液の粘性を高め精子の侵入も防ぐ効果があるため、高い避妊効果を発揮しますが、ピルにより血中のホルモン濃度は維持されるため、骨や血管の保護というホルモンの働きは維持されます。 日本では未承認の薬です。

また、含有されている黄体ホルモン(デソゲストレイル)は、男性ホルモンを抑制し皮脂分泌量を減らすため、ニキビの改善効果があります。また、個人差はありますが男性ホルモンの抑制によって、バストアップや体毛の減少が見られます。また、正常な生理周期を得ることができるため、ホルモンバランスの乱れによる精神不安や肌荒れにも効果が見られます。

フェミロン(マーシロンジェネリック)は一相性ピルで、1箱中21錠すべての含有成分が同じですので、継続服用に便利です。生理1日目からスタートし、1日1錠を毎日同じ時間に服用します。
避妊効果は、服用初日(整理1日目)から発現します。必ず生理開始から24時間以内に服用をスタートすることが重要です。

21日間の服用後、22日目から28日目まで服用を休止し、29日目から再度服用をスタートします。服用スタートから7日間以上経過していれば、卵巣の働きが停止しているため、1日の飲み忘れでは避妊効果は保たれています。注意が必要なのは2日以上の飲み忘れでは、妊娠する危険があるということです。

 

■日本国内での購入価格を調べてみた

 マーベロン(21錠)の場合、1箱(21錠)単価:¥3,000(薬剤料)+¥410(調剤基本料)+¥890(調剤料)+¥380(薬学管理料)=¥5,054(税込)
マーベロンは保険薬ではありませんので、自由診療となり100%自己負担となります。  
*薬学管理料¥380は、お薬手帳がない場合¥500になります。

 

■服用方法を調べてみた

 

生理開始日から1日1回1錠を水で服用します。
服用時間は決められていませんが、1錠で24時間の効果が持続しますので、毎日同じ時間(24時間ごと)に服用します。 21日間服用し、7日間休薬します。

休薬期間の後、また21日間の服用を開始します。 24時間以内の飲み忘れであれば、気付いた時点で服用し、毎日の同じ服用時間にもう1錠服用します。

ただし、21日目の飲み忘れの場合は、服用の必要はありません。 飲み忘れから24時間が経過している場合は一度服用を中止し、次の整理開始日から服用を再開します。
この期間中は妊娠の可能性が高くなっていますので、他の避妊方法を行う必要があります。

 

■副作用を調べてみた

 

フェミロン(マーシロンジェネリック)は、卵胞ホルモン(エストラジオール)の配合量を0.02mgと少量にした小柄な日本人向きのお薬で副作用を抑えたお薬ですが、初回服用時には、嘔吐感、むくみ、倦怠感、頭痛、下腹部の痛み、不正出血、乳房の痛みや張りなどが見られます。
しかし、通常時間の経過に伴い軽減していきますが、重症化、長期化した場合は、病院での受診をお勧めします。
また、血栓が出来やすいという報告があります。服用期間中は、禁煙と水分補充が血栓予防のために重要です。

  

個人輸入代行は違法なのか調べてみた

okusurihaten.hatenablog.com

  さらに詳しい口コミ・情報はユニドラさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

フェミロン