RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

フルニル20mgの口コミ調査結果

 

フルニル20mg

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

残念ながらまだ、口コミがありません。

 

 

■くすりの特徴を調査してみた

 フルニルはイーライリリー社が開発した抗うつ薬プロザックジェネリック医薬品です。SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。
有効成分フルオキセチン塩酸塩がセロトニンの濃度を増やすことにより、うつ病の治療に用いられます。

 

■くすりの効果を調べてみた

 

フルニルはイーライリリー社が開発した抗うつ薬プロザックジェネリック医薬品です。SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類されます。

有効成分フルオキセチン塩酸塩がセロトニンの濃度を増やすことにより、うつ病の治療に用いられます。 インタス・ファーマシューティカルズ社(Intas Pharmaceuticals Ltd)は、インドに本社を置く大手ジェネリック医薬品メーカーです。アメリカやヨーロッパ、その他多くの国で認可され、広く医薬品を供給しています。
一般名はフルオキセチン(Fluoxetine)塩酸塩で、先発品はプロザック(Prozac)またはサラフェム(Sarafem)の商品名でイーライリリー社(Eli Lilly and Company)から販売されています。

フルオキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)として分類されます。神経細胞(シナプス)に蓋をしてセロトニンの再取り込みを阻害する事によって、脳内のセロトニン量を増やします。
セロトニンとは人の精神面に大きな影響を与える神経伝達物質であり、濃度を増やす事で神経の伝達が良くなり気分が安定し、気持ちが楽になってきます。緊張の緩和、そして他の神経伝達物質と共同で衝動性や気分の制御、不安の緩和に関わっています。

フルオキセチンは、うつ病強迫性障害、パニック障害および月経前不快気分障害(重度の月経前症候群PMS)、神経性過食症の治療に使用されています。急激な変化を起こさず、ゆっくり時間をかけて効果が表れる為、依存性も非常に少なくなっております。 フルオキセチンを含む抗うつ剤は、効果が効き始めるまでに2週間から1ヶ月かかります。そのため飲み続けることで効果を発揮していきます。

フルオキセチンは、ほかの「セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」に比べて離脱症状が起きにくいとされております。しかし、急に服用を辞めると頻脈・めまい・頭痛といった症状が指摘されております。
服用を止めるときは自己判断で止めてしまうと離脱症状が出やすく、多くの原因が自己判断によるものとなっております。離脱症状の頻度を下げる為にも医師と相談しながら、徐々に服用量を減らしていきましょう。

幅広い病気の種類にSSRIが使用されるようになった反面、SSRIによって高い攻撃性や衝動性が誘発されることが明らかになりました。人に厳しい言葉を発してしまう、物に当たってしまうなどですが、殺人や自殺と言った命の危険性にも影響を及ぼす事態になるような副作用もあります。これをアクチベーションシンドロームと言います。
FDA (米国食品医薬品局)は、フルオキセチンを服用している小児および青年に自殺行動のリスクが増加していると警告しています。

 

■日本国内での購入価格を調べてみた

 

フルニル(プロザック)は日本で認可されていないため、日本で購入することはできません。
他のSSRIパキシル10mgを参考に示します。

先発品のパキシル10mgの場合、1錠単価:¥923(薬剤料)+¥410(調剤基本料)+¥50(調剤料)+¥500(薬学管理料)=¥1,883 3割負担の場合 ¥565
後発品の場合1 1錠単価:¥501(薬剤料)+¥410(調剤基本料)+¥50(調剤料)+¥500(薬学管理料)=¥1,461 3割負担の場合 ¥438
後発品の場合2 1錠単価:¥501(薬剤料)+¥410(調剤基本料)+¥50(調剤料)+¥500(薬学管理料)=¥1,339 3割負担の場合 ¥402

*後発品には2種類あります。
*調剤基本料は薬局によって異なる場合があります。
*調剤基本料、薬学管理料以外に薬局によって別途加算料が必要な場合があります。

 

■服用方法を調べてみた

 

通常、成人は1日1回朝20mgを服用してください。

 

■副作用を調べてみた

 

吐き気、頭痛、神経痛などが報告されています。これらの症状のほとんどは、服用中止後または時間の経過によって軽減されます。

【警告】

FDA(米国食品医薬品局) は、フルオキセチンを含む抗うつ薬の製薬製造業者に対して、「黒枠」警告(医薬品 添付文書やラベルに記載される警告文の中で最も強い警告)を、それらの抗うつ薬のラベルに掲載するよう指示する報道発表を行いました。
こうした予防措置が講じられている理由は、 FDA が、抗うつ薬を服用している小児および青年に自殺行動のリスクが増加していると判断したからです。

【主な副作用】

頭痛、発熱、腹痛、口渇、下痢、吐き気、めまい、眠気、消化不良、食欲減退、性機能障害

  

個人輸入代行は違法なのか調べてみた

okusurihaten.hatenablog.com

  さらに詳しい口コミ・情報はユニドラさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

  業界最安値調査済み

フルニル20mg