RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

ペクセップの口コミ調査結果

 

ペクセップ12.5mg

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

残念ながらまだ、口コミがありません。

 

 

 

■くすりの特徴を調査してみた

 パキシルジェネリック(ペクセップ)12.5mgは選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)と呼ばれる抗うつ薬で、うつ病治療の主流とも言える薬です。 強い抗うつ・抗不安作用があり、有効成分はパロキセチン12.5mgです。ジェネリック医薬品なので安価でお買い得です

 

■くすりの効果を調べてみた

 ペクセップ12.5mgは、グラクソ・スミスクライン社によって製造・販売されている抗うつ薬パキシルCR錠12.5mgのジェネリック医薬品です。
有効成分パロキセチンは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)といわれ、脳内のセロトニン濃度を高く保つことで他の薬では見られないような多くの精神神経症状に治療効果をあらわします。
沈んだ気持ちを改善し、活力を取り戻し、人前での緊張を緩和し、コミュニケーション能力を高める効果が期待できます。

ペクセップ12.5mgはコントロールドリリース(CR)テクノロジーを利用した抗うつ薬です。
CR錠は、腸溶性フィルムコーティングを用いて消化管内での薬物放出部位を限定し、さらに2層の放出制御技術を用いて、胃を通過後も薬物がゆるやかに溶出するように設計されています。
そのため長時間強力に効果が持続しつつ、副作用が少ないという特徴を併せ持っています。

ペクセップ12.5mgを服用するうえで注意点があります。
うつ症状のある方は希死念慮(自分の死について考えること全般)があり、自殺企図(自殺を企てること、自殺しようとすること)のおそれがあります。
このような方は、パロキセチンの服用開始初期ならびに服用する量を変更することで、自殺行動のリスクが高くなることが報告されています。
とくに24歳以下の若年成人においてこのリスクが高いことがわかっています。

 

■日本国内での購入価格を調べてみた

 日本では、ペクセップ12.5mgの先発品であるパキシルCR錠12.5mgを病院から処方してもらうことができます。
ペクセップ12.5mg1箱100錠分と同じ、パキシルCR錠12.5mgを100錠日本の病院から処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料 3,500~4,500円
パキシルCR錠12.5mgの価格 1錠92.9円×100錠=9,290円
合計12,790~13,790円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約3,840~4,140円もかかります。

 

■服用方法を調べてみた

 

  • ペクセップ12.5mgの有効成分パロキセチンは、通常、成人には1日1回夕食後、初期用量としてパロキセチン12.5mg(1錠)を服用し、その後1週間以上かけて1日用量として25mg(2錠)に増量します。
  • なお、年齢、症状により1日50mg(4錠)を超えない範囲で適宜増減しますが、いずれも1日1回夕食後に服用するようにしてください。
  • 増量は1週間以上の間隔をあけて1日用量として12.5mgずつ行うようにしてください。

 

■副作用を調べてみた

 

ペクセップ12.5mgの有効成分パロキセチンは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、ねむけ、嘔気、眩暈、頭痛、肝機能の検査値異常、便秘等が報告されています。
  • 重大な副作用として、有効成分パロキセチンの作用により脳内のセロトニンが上昇してセロトニン症候群という症状を起こすことが報告されています。
  • 主な症状は、不安や焦燥感、興奮、錯乱、発汗、身体の強い震え等です。
  • ねむけや眩暈の症状は、有効成分パロキセチンの服用を開始した初期に起こることが報告されています。(約70%が2週間以内に発現)
    そのため、ねむけや眩暈による思わぬ事故を予防するため、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分に注意してください。

  

個人輸入代行は違法なのか調べてみた

okusurihaten.hatenablog.com

  さらに詳しい口コミ・情報はユニドラさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

ペクセップ12.5mg