RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

オベリットの口コミ調査結果

 

オベリット10錠(ゼニカルジェネリック)

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

残念ながらまだ、口コミがありません。

 

 

 

■くすりの特徴を調査してみた

 ゼニカルジェネリック(オベリット)は、ゼニカルと同じ有効成分オルリスタットを含む医薬品です。
オルリスタットは食事に含まれる脂質の吸収を防ぎ、肥満者の減量に使われます。

 

■くすりの効果を調べてみた

 

オルリスタットは、カロリー制限ダイエットを行いながら一緒に飲むことで、体重減少や体重維持に役立つ医薬品です。体重減少後のリバウンドのリスクを抑制することも知られています。

オルリスタットは、消化管内のリパーゼという酵素の働きを抑制して脂質が体に取り入れられる吸収を抑制する効果をあらわします。1日3回飲むと食事からの脂質の吸収は約30%抑制され、60mgを1日3回飲んだ場合には約20%抑制されます。

食事からとった脂質は水の中では溶けずに油滴をつくってしまい、そのままでは体の中に取り入れることはできません。この油滴を小さくしていくのに必要なものが、肝臓でつくられる胆汁酸と膵臓でつくられるリパーゼで、ともに消化管内に出てきます。
胆汁酸は油滴(脂質の集まったもの)を小さくしてリパーゼが脂質を分解しやすくし、リパーゼは脂質をモノグリセリドと脂肪酸に分解し、モノグリセリドと脂肪酸が小腸から吸収されていくのです。そのため、リパーゼの働きを抑制するオルリスタットは、脂質の吸収を防ぐことになります。

脂質は、糖質やたんぱく質と並ぶ三大栄養素の1つで、人が生きていくためには欠かすことはできません。まったく脂質を体に取り入れないと生きていけなくなりますが、余分な脂質を取りすぎると、摂取カロリーが過剰になり、体重の増加につながります。
余分な摂取カロリー7000kcalが体重1kgの増加となり、脂質1gは9kcalに相当します。食事からの余分な脂質の吸収をオルリスタットでおさえることは、摂取カロリーをおさえることになり、体重減少につながるといってよいでしょう。

実際のオルリスタットの効果については、「食事や運動によるダイエット+オルリスタット」と「食事や運動によるダイエット+偽薬」を4年間比べた試験結果があります。偽薬を飲んだ群ではいちばんやせた時期には平均6kgぐらい体重が減少したのに対し、オルリスタットを飲んだ群では平均10kg以上体重が減少しましたので、明らかにオルリスタットには減量効果が認められています。

オルリスタットを使って効果的に体重を減らすには、食事については、カロリー摂取をおさえ、かつ脂質からのカロリーは30%程度までにおさえることが、一般的な副作用の悪化を避けるためにおすすめです(目標摂取カロリーが1500kcalであれば脂質は50gにおさえる)。このような食事にするには、次のようなことに気をつけるとよいでしょう。
肉、鳥、魚などを食べる場合には、60~90g程度までにし、鳥皮は除き、肉は赤身部分を選ぶようにします。これらと穀物や果物、野菜を一緒に食べるようにします。
牛乳を飲む場合には、無調整牛乳ではなく、低脂肪乳を選ぶようにします。 調理の際には、油をなるべく減らし植物油を使うとよいでしょう。
サラダのドレッシング、焼き物、ファストフードなどは一般的に脂質が多く含まれています。低脂肪、脂肪なしの商品を使うことも効果的です。
またオルリスタットを飲んでいるときには、食事への注意に加えて、ウォーキングなどの運動も心がけることが大切です。

 

■日本国内での購入価格を調べてみた

 オルリスタットを含む医薬品は日本では販売されていませんので、処方せんで処方してもらい入手することも、薬局で購入することもできません。

 

■服用方法を調べてみた

  • 18歳以上の肥満者では、脂質を含む食事と一緒に、あるいは食後1時間までに1カプセルを飲みます。
  • 食事をとらないときや脂質を含まない食事のときには飲みません。1日に飲むのは3カプセルまで(1回1カプセルで1日3回まで)にしましょう。
  • オルリスタットを飲むと脂質の吸収がおさえられますので、脂質とともに吸収される脂溶性ビタミンなどの吸収が少なくなりがちです。
    そのため、ビタミンA・D・E・K、ベータカロテンを含むビタミン剤を1日1回飲んだほうがよいでしょう。
  • ビタミン剤を飲む時間は、オルリスタットを飲む時間の2時間前から2時間後までは避けることが必要ですので、たとえば、寝る前などがおすすめです。
  • 外国で販売されているオルリスタットは、飲む基準としてBMI(ボディマスインデックス=体重kg÷身長m÷身長m)が30以上、あるいはリスクファクター(高血圧、糖尿病、脂質異常症)をもつ場合は27以上とされています。
    日本人の場合は、体格が異なりますので、日本で販売されている同様の作用をもつ医薬品セチリスタットの場合を参考にご紹介すると、セチリスタットではBMIが25以上の肥満症に使われています。

 

■副作用を調べてみた

 

  • オルリスタットを飲んだときの一般的な副作用には、脂肪便(透明、あるいはオレンジ色~茶色の便)、脂肪便と一緒の放屁、急な排便、排便回数の増加、排便コントロール不能といったものがあります。
  • 重大な副作用としては、肝機能障害や腎機能障害、胆嚢障害がおこることがあります。食欲不振、皮膚のかゆみ、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる、尿が橙色になる、便が明るい色になる、右わき腹の痛みなどは、肝機能障害を疑うべき症状です。
  • 腎機能障害の場合には、足のむくみ、尿量減少、頻尿や排尿時の痛み、食欲不振、吐き気や嘔吐、背中やお腹、股の激しい痛みといった症状があらわれます。
  • 胆嚢障害では右わき腹の痛み、吐き気、嘔吐がおこります。このようなときは、すぐに医師に相談しましょう。

  

個人輸入代行は違法なのか調べてみた

okusurihaten.hatenablog.com

  さらに詳しい口コミ・情報はユニドラさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

オベリット10錠(ゼニカルジェネリック)