RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

サビトラの口コミ調査結果

 

サビトラ10mg

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

残念ながらまだ、口コミがありません。

 

 

 

■くすりの特徴を調査してみた

 サビトラ10mgは、ドイツのバイエル社が製造・販売しているED(勃起不全)治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。
1錠服用するだけで、速やかに効果をあらわし他のED治療薬とは比較にならないほど強力に勃起を強く、固く、複数回の性交を可能にします。

 

■くすりの効果を調べてみた

 サビトラ10mgは、ドイツのバイエル社が製造・販売しているレビトラのジェネリック医薬品としてSAVA社によって開発されました。 有名なED治療薬レビトラと同じ有効成分バルデナフィルを10mgの高用量配合しています。 一般的なED治療薬は、食事と一緒に服用すると効果が減弱しやすいという特徴があります。
しかし、サビトラ10mgは標準的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)であれば、食後に服用しても勃起誘発効果に影響はありません。 他のED治療薬と違い、食事の影響を受けないため服用するタイミングを選ばす、いつでもパートナーを満足させることができるというメリットがあります。

アルコールとの併用もサビトラ10mgの効果に影響を与えないので、大量の飲酒でなければ一緒にサビトラ10mgを服用しても問題ありません。 サビトラ10mgの有効成分バルデナフィルは、ホスホジエステラーゼ(PDE)5阻害薬といわれる医薬品です。 体内にあるPDEという酵素は1~11のタイプがあり、陰茎にはPDEタイプ5が多く存在しています。

有効成分バルデナフィルは、陰茎に主に存在するPDE5に作用するため勃起誘発作用が強く、他のタイプのPDEにほとんど影響を与えないので副作用が起こりにくいED治療薬となっています。

勃起とは、体内のサイクリックGMP(cGMP)が上昇することにより血管が拡張し、陰茎に血流が集まり膨張することで起こります。 cGMPは性的刺激を受けることにより体内で産生されます。産生されたcGMPは、PDE5によって分解されることによって勃起が弱まり「萎える」という現象は起こります。
サビトラ10mgはPDE5の働きを抑制し、cGMPが分解されるのを阻害することでcGMPの量を増やし、強力な勃起を促します。

注意点は、サビトラ10mgは催淫剤や精力剤などではありません。 服用することにより性欲が増したりするわけではありません。 性的刺激を受けることにより初めて勃起を誘発し、陰茎の強度を高める効果をあらわします。 勃起を促すだけであり、精子の運動量、精子の数、射精量を増やすこともありません。 女性がサビトラ10mgを服用しても興奮したりムラムラさせたりする効果はなく、意味がないのでサビトラ10mgをパートナーの女性に服用させないようにしてください。

 ■日本国内での購入価格を調べてみた

日本では、サビトラ10mgの先発品であるレビトラ10mgを処方してもらうことができます。
日本の病院から、サビトラ10mgの1箱10錠分と同じ量のレビトラ10mgを処方してもらうのにかかるコストは、

初診料・検査料 0~3,000円
レビトラ10mg価格 1錠1,300~2,000円×10錠=13,000~20,000円
合計13,000~23,000円もかかってしまいます。

日本では、ED治療薬は保険適用にならず全額自己負担のためコストがかかります。 ED治療薬を安価に大量に購入することを希望されるのであれば、個人輸入を利用するのがお勧めです。

 

■服用方法を調べてみた

 

  • 通常、成人には1日1回バルデナフィルとして10mg(1錠)を性行為の約1時間前に服用してください。
  • 1回10mg(1錠)の服用で十分な勃起誘発効果が得られず、副作用がないあるいは我慢できる範囲であれば1回20mg(2錠)服用に増量することができます。
  • 65歳以上の高齢者の方や、中等度の肝障害のある方は、有効成分バルデナフィル代謝が遅れて、副作用が起こるおそれがあります。そのため、5mg(1/2錠)から服用を開始するようにし、最大でも1回10mg(1錠)までの服用としてください。
  • 連続して服用する場合は、間隔は24時間以上あけてください。

 

■副作用を調べてみた

 

サビトラ10mgの有効成分バルデナフィルには、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

主な副作用として、頭痛、顔のほてり、鼻詰まり、動悸、消化不良、めまいが報告されています。

どの副作用も比較的軽いものが多く、重大な副作用は起こりにくいです。
副作用の原因は、有効成分バルデナフィルは陰茎に存在しているPDE5に主に作用するのですが、他のタイプのPDEにも少しだけ作用してしまうからです。 その作用により、陰茎以外の血管が拡張してしまって鼻詰まりや、顔のほてりなどの副作用があらわれます。

稀なことですが、サビトラ10mgを服用して急激な視力低下やめまいが起こる方がいます。 そのような症状が出てしまった場合には、速やかに眼科医を受診してください。
めまいや視力低下が起こることがあるため、サビトラ10mgを服用している方は自動車の運転等の危険な機械の操作は避けてください。

勃起が4時間以上持続する場合、適切な処置をしなければ勃起機能障害を起こすおそれがあります。

これら以外にも、サビトラ10mgを服用して何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

  

個人輸入代行は違法なのか調べてみた

okusurihaten.hatenablog.com

  さらに詳しい口コミ・情報はユニドラさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

サビトラ10mg