RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

セファレキシン口コミ調査結果「ペットのお薬」

 

セファレキシン150錠

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

 

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 うちは、多頭飼いなため(犬①猫⑪)抗生物質は必要で重宝してます。外猫が怪我したりするので与えると早く治ります。潰していつも粉にしてご飯に混ぜてます。

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 抜け毛が多く皮膚のかさつきがあった時に細菌に感染してしまいセファレキシンを病院でもらいました。数日で症状が治まってかゆみが止まり、赤くなっていた所が収まって来ました、季節の変わり目に、うちの子はよくこのような状態になりますので、同じ商品を買いました

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 動物病院で帝王切開した時にもらいました。膀胱欠席の子の時もこのお薬をもらいました。多頭飼いしているのでこの抗生剤は、
欠かせません。

 

 結果的にこの 商品を購入した人の92%の人がこの商品をオススメしています。

■何に効くのか調査してみた

 細菌感染に
バクテリアから患部を守ります

 

■くすりの効果を調べてみた

 セファレキシンは犬、猫のバクテリア感染の治療に用いられます。
セファロスポリンの抗生物質ペニシリンと比較してより広い範囲でバクテリアに対し効果を示します。
皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、関節の細菌感染の治療に使用されます。
セファドキシルと同様の薬で、これらの薬の効果は同等です。
寄生虫、ダニ、ウイルス、真菌による感染には効果を示しません。
使い方の目安:犬への通常の服用量は1日に2回、1回分:体重1kgごとに22~30mgです。猫に対しては1日に1回、1回分:体重1kgごとに22mgの服用量です。

 

■使用方法を調べてみた

 犬: 1日に2回、1回分:体重1kg ごとに22~30mg
猫: 1日に1回、1回分:体重1kgごとに22mg

 

■使用上の注意を調べてみた

 使用前、他の抗生物質と服用する場合にはまず獣医師にご相談ください。
獣医師の処方通りに使用していれば、安全で効果的なものですが、中には食欲減退、吐き気、下痢などの副作用を示す動物もいます。
過敏症、アレルギーのある動物には使用できません

 

さらに詳しい口コミ・情報はペットくすりさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

セファレキシン150錠