RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用口コミ調査結果「ペットのお薬」

 

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

 

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 毎年これを買っています。お肉なのでパクパク食べてもっとちょうだいって言います(笑)オススメです。前に安くてお肉じゃないの買ったら食べてくれませんでしたのでもうこれしか買いません

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 美味しそうな匂いにひかれて昨年までは喜んで口に入れてくれていたのですが、さすがに14歳にもなると(ミニチュアダックスです)あまり大きい物を口に入れようとしなくなってきました。そのため、こちらの商品をおおよそ3等分し、なるべく時間を空けないように注意しながら1つづつ食べさせています。そして1つめをしっかり飲み込んだことを確認してから、
2つめ…3つめを口に入れるようにしています。ただし、体調が良く、食欲がかなりある時は、今まで通りこちらの形状のまま口に入れる時もあります。
とは言え、ほかの錠剤のように明らかに口に入れたがらない物を、ササッと奥歯の方に押し込んで入れるのとは違い、(犬の)気持ちは食べたい…でも大きい…だけのようですので、それほどの苦労なしに飲ませられるので助かっています。

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 食いつきが良く、おやつ、ご褒美として食べてくれるのでかなりおすすめです。獣医さんにも見てもらいましたが心配もなく安全なものと判断

 

 結果的にこの 商品を購入した人の94%の人がこの商品をオススメしています。

■何に効くのか調査してみた

 日本名カルドメックと同一商品のハートガードプラス。
月に一度おいしい角切りビーフ味のお薬を与えるだけです。
主成分イベルメクチンがワンちゃんをフィラリア症から守ります。

動物病院6,600円程度

 

■くすりの効果を調べてみた

 「ハートガードプラス」はチュアブル(おやつ)タイプのフィラリア症予防薬です。
犬糸状虫の寄生を予防すると同時に消化管内線虫の駆除が可能です。
嗜好性の高いビーフ味です。( 国内の臨床テストでは、93.4%の犬が自ら摂取し、投与不可能な例はありませんでした。)
投与が苦手な飼い主でも、犬にストレスをかけることなく簡単に投与可能です。
カルドメックチュアブルPは、日本と世界のトップブランドです。
ハートガードプラスは日本では「カルドメック」として販売されています。
日本で販売されている「イベルメック」はカルドメックのジェネリック医薬品で、ハートガードプラス(カルドメック)がブランド品です。有効成分は全く同じとなります。

 

■使用方法を調べてみた

 犬の体重に合ったサイズのお薬を、月に1度、一個与えてください。
お薬を与えた後は、犬が完全にお薬を飲み込んだかどうか、またお薬をどこかに吐き出していないか確認してください。

 

■使用上の注意を調べてみた

 まれに嘔吐、下痢、運動失調、元気がなくなるなどの症状が見られる事があります。
副作用が現れた場合は、速やかに獣医師にご相談ください。

 

さらに詳しい口コミ・情報はペットくすりさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

ハートガードプラス(カルドメック)小型犬用