RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

フィプロフォートプラス大型犬用口コミ調査結果「ペットのお薬」

 

フィプロフォートプラス大型犬用6本

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 32kgのピットブル♂4歳です。散歩大好き、外を走り回るのが大好き!草むらもお構いなしに入っていきますがいまだにノミはついたことがないです。時々マダニはつきますが、お薬のおかげで大丈夫です。

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 犬によっては、皮膚につけたときヒンヤリ?感じる子もいました。
繊細な子はトラウマにならないようにやさしく対処しています。

f:id:tsm9982:20180628103539p:plain

 皮膚に塗付して使用しますが薬剤の滴下後に異常も副作用も今のところ見受けられません。効果は著しく1週間後にノミの死骸をはっきり目視できました。容器の先端を切り取る時に薬剤が飛び出すのには注意が必要です。薬剤が垂れることはありませんが、ダブルコ-トの白毛の犬には薬剤の色が付くことがあるようです。

 

 結果的にこの 商品を購入した人の96%の人がこの商品をオススメしています。

■何に効くのか調査してみた

 1ヶ月1度、肩甲骨の間に投与するだけでノミを予防できます。
マダニの予防もほぼ100%

 

■くすりの効果を調べてみた

 フィプロフォートプラスは投薬後24時間でノミダニの成虫を駆除できるお薬です。
駆除が難しいといわれるマダニの殺傷効果もほぼ100%あるうえ、48時間以内で駆除できるのが特徴です。
効果の持続期間も長く、投薬から1カ月はノミダニ(マダニ)を駆除でき、入浴や泳いだ後もその効果は続きます。
毎月の投薬の仕方はとてもカンタンで、肩甲骨(首の後ろ)の間にお薬を垂らすだけの簡単投与でノミダニ(マダニ)の予防ができます。
また、妊娠中のペットや授乳期の母犬・猫、生後8週齢からの子犬や子猫への投与試験において安全性が確認されています。

 

■使用方法を調べてみた

 フィプフォートプラスは月に1度の投薬でノミ、マダニ、シラミ、ハジラミを駆除することができる、犬の皮膚に垂らすタイプの駆除剤です。
CMでも有名なフロントラインプラスのジェネリックのため、成分もフロントラインプラスと同じなります。
フィプロニルはフェニルピラゾール系の駆虫薬の1つです。神経伝達物質であるGABA受容体の作用を抑え、昆虫体内での神経系の抑制が効かなくなり、興奮状態になります。やがて過度な興奮により麻痺状態になり死に至ります。フィプロニルにより、24時間でほぼ全てのノミの成虫を駆除します。
メトプレンは昆虫溶着ホルモン類似薬の1つです。メトプレンはS型とR型が存在しており、S型のみが昆虫の中で活性型として作用します。そのためフィプロフォートプラスではS型のメトプレンが含まれています。メトプレンは、ノミの卵や幼虫に効果があります。
フィプロニルとメトプレンの2つの成分の働きでノミの全ステージに効果を発揮し、マダニ、シラミ、ハジラミにも効果を示します。

 

■使用上の注意を調べてみた

 フィプロフォートプラス大型犬用6本の使用方法についてご紹介していきます。
まず、フィプロフォートプラス大型犬用6本は、毎月1回必ず使用してください。
もし一ヶ月以上間隔があいてしまった場合にはその時点から再度月一回ご使用ください。

 

さらに詳しい口コミ・情報はペットくすりさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

フィプロフォートプラス大型犬用6本