RAS'

当サイトは海外製お薬のレビュー等を調査し、購入される際に少しでも参考にしていただけたらと思い立ち上げました。薬の画像を表示させる為に、販売サイトのタグを使用しておりますが、主目的はアフェリエイトではありません。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。

メサラジン500mgの口コミ調査結果

 

メサラジン500mg

 

f:id:tsm9982:20180628222502j:plain

 

■口コミをまとめてみました。

残念ながらまだ、口コミがありません。

 

 

 

■どのような悩みのある方が購入してるか調査してみた

 潰瘍性大腸炎クローン病の治療薬が登場です! 服用することで腸の炎症をしずめ、下痢や血便、腹痛等の症状を改善することができます。 特殊な技術により有効成分の放出が調節されているため、小腸と大腸のどちらの症状のタイプのクローン病にも効果があります。

 

■くすりの効果を調べてみた

 

このお薬は、潰瘍性大腸炎クローン病治療薬です。有効成分メサラジンを1錠に500mg含有しています。日本では、杏林製薬株式会社によって製造・販売されており「ペンタサ錠500mg」という販売名で多くの方に服用されています。

ペンタサ錠500mgは、デンマーク(現在:スイス)のFerring社により開発されたメサラジンを有効成分とするお薬で、病変部位である腸管内で徐々に有効成分を放出するように設計された放出調整製剤です。日本を含め、100を超える国や地域で潰瘍性大腸炎およびクローン病のお薬として承認・使用されています。

潰瘍性大腸炎クローン病は、腸に炎症を起こす疾患です。口腔から肛門までの消化管のどの部位にも起こりうる炎症性疾患です。これら2つの疾患はともに(非特異性)炎症性腸疾患として包括して総称されています。

潰瘍性大腸炎クローン病は発病すると慢性化しやすく、活動期には下痢や血便、腹痛などの症状が激しくなり、場合によっては手術が必要になるくらい重症化することもあります。発病して7~8年すると最悪の場合、大腸癌を合併する方もいます。

10代から20代の若者で潰瘍性大腸炎クローン病にかかりやすく、現在でもどうして発病するのか正確な原因はわかっていません。潰瘍性大腸炎クローン病を発病する方は年々増加しており、現在では潰瘍性大腸炎は約16万人、クローン病は約4万人の患者がいるといわれています。

ペンタサ錠500mgは、服用することで腸の病変部位に作用し、炎症症状を抑えるこそができます。有効成分メサラジンは、炎症性細胞の組織から放出される活性酸素を消去し、炎症の進展と組織の障害を抑制することができます。

また、ロイコトリエンといわれる成分の生合成を抑制し、炎症性細胞の組織への浸潤を抑制することで治療効果をあらわすと考えられています。炎症症状が改善することで、下痢や腹痛の症状もしだいによくなっていきます。

日本の病院からも、ペンタサ錠500mgを処方してもらうことができます。今回の1箱100錠分のペンタサ錠500mgを、日本の病院から処方してもらうのにかかるコストは、

病院の診察料や処方料:3,500~4,500円
ペンタサ錠500mgの価格:1錠80.9円×100錠=8,090円
合計11,590~12,590円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約3,480~3,780円もかかります。

 

 

■服用方法・副作用を調べてみた

 

 

通常、成人にはメサラジンとして1日1,500mg(3錠)を3回に分けて食後に服用しますが、症状が落ち着いて安定した状態であれば、必要に応じて1日1回の服用とすることができます。

なお、年齢、症状により適宜増減しますが、1日2,250mg(4.5錠)を上限としてください。 ただし、症状が活動期には、必要に応じて1日4,000mg(8錠)を2回に分けて服用することができます。

 

 

通常、成人にはメサラジンとして1日1,500mg(3錠)~3,000mg(6錠)を3回に分けて食後に服用します。なお、年齢、症状により適宜減量します。

ペンタサ錠500mgは二分割して服用することができますが、放出調整製剤であることより、かまずに服用するようにしてください。

 

■注意事項を調べてみた

 

 

  

個人輸入代行は違法なのか調べてみた

okusurihaten.hatenablog.com

  さらに詳しい口コミ・情報はベストケンコーさんで

「商品画像をクリックするとサイトに飛びます」

 

メサラジン500mg